血尿・尿潜血の原因・病気・症状

血尿

会社などの健康診断などで初めて「尿潜血が出ています」と言われて、
かなり驚かれていると思います。
なにかよくない病気じゃないかと心配ですね。
また一時的なものだと楽観視して、放置しておくことはよくありません。
血尿とはどんなことで、どんな病気の可能性があるのかを
よく理解をしておきたいものです。

血尿・尿潜血とは

尿の通り道(尿路)である腎臓や尿管・膀胱などの臓器に異常が発生すると、尿の中にわずかに血液の細胞(赤血球)が混じることがあります。これを血尿(尿潜血)といいます。なお、尿には通常では赤血球は含まれていません。

 

血尿には大きく2つに分類されます。
見た目で分かる「肉眼的血尿」、見た目では分からず顕微鏡でしか分からない「顕微鏡的血尿」です。

 

血尿と尿潜血という意味の違いは下記のとおりです。

 

■血尿───肉眼的血尿
目で見て明らかに血液が混じっていることが確認できる状態(0.1%以上の血液の混入)のことです。ピンク色やワイン色の尿、コーラ色のような黒っぽい尿、血の塊が混じる尿です。

 

暑いところで水分を取らずに働いたときなどに、色の濃い尿(濃縮尿)などが出ることがあります。また、ある種類の薬を服用すると尿に色がつくなど、血尿と誤って考えられることがあります。しかし肉眼的血尿の場合はがんや結石、尿路感染症などの大きな病気が発見されることが多いので、さらに詳しい検査が必要となります。一度でも肉眼的血尿があった場合は、たとえすぐに尿の色が普通に戻ったとしても必ず医師に相談しましょう。

 

■尿潜血──顕微鏡的血尿
尿の沈殿物を顕微鏡で400倍まで拡大し観察します。1視野に5個以上の赤血球が存在している場合には「血尿」と判断されます。会社の健康診断などで血尿と指摘された方は、ほとんどがこの顕微鏡的血尿(尿潜血)によるものです。ですから「尿潜血陽性が出た」などと言われるのです。

 

微小血尿…………尿沈査で赤血球が強拡大(×400)で5〜20個の時
無症候性血尿……赤血球が21個以上
腎炎の疑い………尿潜血・尿蛋白のいずれも陽性である
無症候性蛋白尿…尿蛋白のみ(+)以上で尿潜血(±)以下

 

【尿潜血反応とは】
上記で説明したように、尿に赤血球が混じっているかどうかを調べる検査です。試験紙の反応を利用してわずかな血液の混入を確認するのが、尿潜血反応の検査です。

血尿・尿潜血の原因

ご存知のように尿は腎臓で作られます。それから「尿管」という管を通り、「膀胱」に一度たまったあと、「尿道」を通って体の外に排出されます。
つまり原因は、血尿がみられるということなので尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)のどこかに、炎症・結石・腫瘍などができて出血している部分があるということです。

 

尿が通って行く順序と役割
1.腎臓…血液をろ過して、尿を作っている
2.尿管…その尿を運ぶ
3.膀胱…送られてきた尿を貯めておく
4.尿道…尿を体の外に導く

 

1〜4のこれらに何らかの異常が生じているのです。

血尿・尿潜血で心配される病気

■腎臓
 急性・慢性腎炎(糸球体腎炎、ループス腎炎など)、腎結石、腎腫瘍、遊走腎、腎外傷、のう胞腎などの病気

 

■尿管
 尿管結石、尿管腫瘍などの病気
 ※尿管結石ならば痛みがあります。

 

■膀胱(ぼうこう)の病気
 膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍などの病気
 ※膀胱炎ならば痛みがあります。

 

■その他泌尿器関連
 前立腺炎、前立腺がん、尿道炎などの病気

 

■その他、泌尿器外
 白血病、溶血性貧血、心筋梗塞、筋ジストロフィー、筋損傷などの病気

 

血尿・尿潜血の症状

■痛みの少ない肉眼的血尿
腎臓や尿管、ぼうこう、前立腺のがんの可能性もあります。放置しておくことはとても危険です。腎臓のがんは30歳代からもみられ、がんの中でも比較的若い方の病気です(小児の特殊なものを除く)。血尿以外に、何も症状や痛みがないことも多いので、危険な状態になるまで放置されがちです。

 

■痛みがでる
痛みを伴う血尿は、尿路結石や急性炎症の可能性があります。尿路結石のなかで腎結石は痛みがないことも多いのですが、結石が狭いところに落ち込んで尿の通り道をふさぐと、発作的に背中から横腹が強烈な痛みを発します。

 

■発熱と脇腹の痛みがでる
急性腎盂(じんう)腎炎の可能性があります。
突然発症することが多く、悪寒や高熱、背中や腰の痛み、
嘔吐や吐き気、膀胱(ぼうこう)炎の症状(尿がにごる、頻尿、尿に血液が混じるなど)がでることがほとんどです。比較的若い女性の方に多いのが特徴です。

血尿・尿潜血の検査

まずは顕微鏡で尿を観察します。血尿の程度と出血の部位はどこなのかをこの検査でおおよその見当をつけます。つぎに採血で腎機能や腎炎がないかどうかを検査します。

 

さらに腹部エコー検査で腎臓膀胱前立腺などを確認します。腹部エコー検査は約5mmまでのがんを確認することが可能です。とくに疾患を早めに発見するには効果的な検査です。これよりも詳しく調べるにはレントゲン検査や膀胱鏡検査などを行います。

 

※あくまでも一般的な検査の例です。年齢・性別・症状などによっては必要な検査が異なります。

 

基準値
陰性(-)が正常値です。
健康な人でもわずかに赤血球が尿中に出る場合がありますが、試験紙の判定ではほとんどが陰性になります。

 

検査結果の判定
疑陽性(±)、または陽性(+)が異常値です。
陽性の場合に疑われる病気は腎炎・膀胱炎・結石がほとんどです。

 

■検査を受けるときの注意
女性の検査では生理中の期間であると尿に血が混じってしまうこと多くあります。そのため検査の判定が困難になります。検査は生理が終わった後に受けるようにすることがよいでしょう。
また検査の採尿の前に激しい運動などをすると、陽性になる場合があります。採尿の前には運動などは控えてください。また検査の前にビタミンCを摂取していたりすると、たとえ出血があっても偽陰性になる場合があります。ビタミンC製剤や抗生物質であるテトラサイクリンは、検査の前に飲まないように注意が必要です。

痛みのない病気があります。早急に治療を。

血尿だけでなく痛みが出る病気に膀胱炎や尿管結石などがあります。そのため多くの方はすぐに病院に行き検査・治療を受けます。
問題となるのは痛みなどの症状が出ないので、そのまま放置している方がいます。
本当に怖く注意が必要なのは悪性腫瘍です。すぐに治療する必要のある病気なのです。

 

腎がん、膀胱がん、腎盂(じんう)尿管がんがその代表です。
とくに膀胱がんでは痛みなどがまったくないのが大きな特徴です。
これらは一刻も早く手術が必要な病気なのです。
血尿には重大な疾患が潜んでいる可能性があります。早急に検査を受けてください。